スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
一周忌
父が亡くなって一年、一周忌をむかえる、きしくも昨日は父の日だった。
今まで何度か父の事をブログに書こうかと思ったんだけど父親っこだったワタシは父の事を思い出すと未だに泣けてしまいなかなか文章に出来なかったが、一周忌の節目に父を思い出してブログに書いて見ようと思う。


厳格な父は、ワタシにはちょっと面倒臭い存在だったが、兄弟三人の中で一番父に性格が似ていたワタシは父とはとても仲良しだった。

兄弟は遠くにいるしワタシが近くで寿司屋をしているせいもあり父は母と一緒によく寿司を食べに店に顔を出してくれた。ワタシの顔を見たかったんだろうと思うし若い頃から一番心配の種だったのがワタシだったんだろうと思う。

両親が農家をやってくれていたせいもあり旬の野菜を貰ったり父には随分お世話になった。
一昨年父に病気が見つかってから丁度一年の去年7月1日、父は、あっけなく逝ってしまった。

後悔は一杯ある、ありすぎるくらいだ、何の恩返しもできないうちに父は、逝ってしまった。

ワタシは立ち直れないほどショックを受けた。

しかし父が亡くなって一年経ってこの不況の今、なんと頑張って一生懸命生きて行くことが父に対する供養だと思っている。

「お父さんホントにホントにありがとうございました」

『金婚まで働きぬいた百姓の 小さなくの字の妻の寝姿』
『前提鋏を腰につけ麦藁帽子の顎紐を隣のババは西部劇という』
俳句好きの父が亡くなる前に読んだ句です。何度読んで涙が出てしまう。

『親孝行したいときには親はなし』

その通りだと思う。残った母を父の分まで大事にしていきたいと思うこの頃だ。
スポンサーサイト
【 2011/06/21 00:32 】

| 日々の出来事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<陽気 | ホーム | はと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gamigaa.blog45.fc2.com/tb.php/287-fe073fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。